すっぽんもろみ酢 痩せた

すっぽんもろみ酢 痩せた

すっぽんもろみ酢 痩せた

 

 

昔から便秘症で、以前は漢方などの便秘薬を愛用していました。日常的に服薬はしませんが、どうしても出ない時や、代謝が滞っているのを感じた時に飲んで出すようにしていました。妊娠し、それまで使っていた便秘薬が飲めなくなったので、食物繊維を豊富に摂るなど、食事に気をつけるようになりました。それでも、なかなか出ない時もあり、気になったので産婦人科で相談をしたところ、なるべく自然に出した方がいいと言われながらも、マグネシウムの便秘薬を処方してもらいました

 

マグネシウムの便秘薬はそこで初めて知りましたが、便をやわらかくする効果があるということで、妊娠中も飲めるので気持ちとしては助かりました。ただ、そこまで劇的な効果は感じられず…一番困ったのは、出産直後です。会陰切開の傷がとても痛み、うんちをするのが恐かったのですが、病院食は食物繊維が豊富だったのでとにかく出したくて、マグネシウムの便秘薬にお世話になりました。その後は飲んでいませんので、再び硬いうんちに逆戻りしています。

食事に気をつけ、こまめにトイレへ

 

 

出産前までは、悩みがあると何かと薬の力で解決しようとしてきましたが、妊娠期と出産後の授乳期をへて、できるかぎり薬に頼らずに解決しようとする習慣ができたようです。便秘に関しても、気にはなりますが、そこまで薬を飲むことは少なくなりました

 

そのかわりに、食事には気を遣っています。同じく便秘症の家族が、小分けではない大きなヨーグルトを1パック、1日で食べるとお通じに良いというので、真似してヨーグルトを食べることもあります。また、うんちが硬いのは、水分が少ないためかもしれないと思い、水分をしっかり摂るよう心がけています。特に意識しているのは、朝、起きぬけに一杯の水を飲んで、腸の動きを良くすることです。胃腸への負担も少なくなり、調子が良いような気がします。

 

あとは、育児で家にいることがほとんどとなったため、いつでもトイレに行けるようになったことも、便秘を悪化させていない一つの要因だと思います。すぐにトイレに行けて、いつでもリラックスして自宅のトイレに入れることが、実は一番良いことかもしれないと最近は思います。